FNW.ネットナチュラル情報局

畜産/養豚、養鶏、育牛

畜産業/養豚、養鶏、育牛

*ナチュラルシステムは、矢部ゴールド+バイオコール+DIREKAの優れた機能を統合し畜産業のさらなる発展を促進します。

ナチュラルシステムの三大機能
 ①酵素活性機能+②微生物増殖、鮮度保持機能+③電子還元生態活性機能
 を統合し環境改善に運用します。

ナチュラルシステムは農産物や魚の成長促進、収穫物の鮮度保持を格段に向上します。

DILEKA水と多機能ゼオライトを矢部ゴールドと併用することで土壌改良、植物の生長促進効果をより高めることができます。

1、土中の微生物の活性化を高め、植物の生長促進をはかります

 矢部ゴールド3000倍のDILEKA希釈水に多機能ゼオライトを水漬します。
 プランターや庭、畑などの土中に埋めておくと、微生物のコロニーになり、土中の微生物の増殖活性化を促進します。目安の使用量は、種一粒に対し、1個を埋め込みます。
 矢部ゴールドの希釈液は適宜、葉面散布などすると植物が元気になってきます。

2、樹木の根の張りを促進、成長を促します。

 成長した樹木などのプランターに埋める場合は、樹木の大きさに応じ
 多めに多機能ゼオライトを入れて下さい。10cm3に一個程度。多めに入れても問題はありません。土中の保水力を高め土中微生物の増殖活性化を促進します。

3、水道水の塩素除去および微量元素の添加

多機能ゼオライトをパイプなどにつめ、水道水を通すと塩素を除去すると同時にゼオライトの微量元素を水に添加することができます。
DILEKA水を活用する場合は、電子注入により、水が還元化されさらに
ナノレベルのゼオライト微粉末が水に添加されることで、土壌や植物の
成長促進をはかることができます。
ポリタンクなどに濾過水を溜め、矢部ゴールドを投入、3000倍程度の希釈水を葉面散布や土壌散布に活用することで、プランター、庭、畑などの環境改善をはかることができます。古くから植物などの生長の適地とされるいやしろ地に近い環境整備ができます。

4、青果物の鮮度保持に活用できます。

多機能ゼオライトは、野菜果物などの青果物の鮮度保持に活用できます。多機能ゼオライトには吸湿効果があり、フィトンチッドガスを注入しているため、殺菌効果があります。フィトンチッドガスは、ヒノキの葉から抽出された特殊なガスで、一般的には森に入ると健康になるなどの森林浴効果でよく知られています。人体には無害で食品にも無害です。
常温で2倍程度の鮮度維持効果が見られます。
鮮度保持に活用する場合は、原材料は開封後密封状態での保存が必要です。袋をやぶったあと空気に開放状態に放置しますとガスが放出され効果が半減します。
鮮度保持をする場合はかならずタッパーや密封式のビニール袋などで外気と遮断する必要があります。
鮮度保持で使用する場合の多機能ゼオライト量は市販のバナナ一房に一個程度、リンゴ一個に一個程度が目安です。
水分の多い葉物などは量を多めに入れて下さい。

5,畜産業「養鶏、養豚、育馬牛、<ペット>などの健康維持、成長促進」に活用

DILEKA水は還元作用を持つため、生態の酸化作用を抑止する効果があります。酸化とは一般には老化の原因となる作用を言います。多機能ゼオライトで濾過したDILEKA水に矢部ゴールドを3000倍程度に希釈し飲ませます。コストを考える場合は、5000倍ぐらいに希釈しても問題はありません。病気などの改善に活用する場合は、1000倍程度に濃度を高くして活用してください。矢部ゴールドは動物の生態の基礎となる微量元素を補給する事で腸内菌の活性化を高め、健康バランスを整える目的として活用します。多機能ゼオライトの濾過水に含まれた微粉末は腸内微生物の増殖を促進します。矢部ゴールドは病気を治す医薬品ではありません。酵素活性作用を持つ多種類のミネラル成分を含んだ生態活性水です。毎日継続的に微量づつでも補給することで健康の基礎を整え動物が本来持っている自己治癒力を高めることで病気に強い健康基盤を作ることができるのです。

6,漁業の生け簀、養殖などでの活用

DILEKA水は魚の鮮度を高めます。また生け簀などの酸化腐敗を抑止しますので健全な育魚環境を維持することができます。多機能ゼオライトの濾過水に矢部ゴールドの希釈水5000倍~10000倍を加えると病気などでの致死率の低い魚の生育に良好な水環境を作ることができます。

DILEKAシステムは養豚、養鶏、育牛の成長促進に大きく役立っています。

新しい画像 (37)
新しい画像 (38)

新しい画像 (39)
新しい画像 (40)

新しい画像 (35)
新しい画像 (34)
新しい画像 (36)

新しい画像 (32)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional